ヨガスタジオの壁は生活感ないほうがいい。

スタジオの壁はやはり非現実的にしたい。

との理由でスタジオつくり23

ここ。

綺麗は綺麗ですが、インターフォンの応対用のディスプレーとお風呂湯沸しパネル。

そしてキッチンのスイッチ。

これ見てヨガはできれば避けたい。

もう、僕のこだわりです。

ヨガの為の空間。ヨガテリアのこだわり

スタジオつくり24.2014.2.3

このようにはずして。

壁と言っても新興住宅はほぼ石膏ボードです。

スタジオつくり25

 カッターでもなんでも使って切り取ります。

この際ブレーカーは落としておきましょう。(資格のいる作業です・・・プロの監修の元行っております。)

スタジオつくり26

で、わかりにくいですが、向こう側に四角い穴をくりぬいて、あそこにスイッチパネルを埋め込むのです。

スタジオつくり27

3つ穴をくりぬいてすべてを向こう側に移設しました。

これでスイッチパネル類は全部壁の向こう側にうつった。

最後はこの壁をふさぐだけ。

スタジオつくり29

こーゆー事です。

もちろんこっから壁塗るので色とかは関係ないですよ。

平らになっていればよい。

大工道具も持ち込んで、すごい埃。

これもヨガスタジオを作るため。

やりたい環境でヨガをするためです。

スタジオつくり28

ちなみに逆から見た絵。

すこし不便ですが、スタジオ側から見えなければいいんですよ。

これでさらに洗練されたスタジオになる!

ワクワク。

さ、あとは窓枠を取ってから窓枠をツライチにしてから壁をぬります。

言ってることがよくわからないですよね笑。

自分で空間しあげられるようになって、

いつか小さな仕事、美容院とか喫茶店とかしたい人が出てきたら、

助けてあげたいなと思ってやっています。

腕とセンスみがきます。

疲れた。

おやすみなさい。