ヨガスタジオ床材張り①

ヨガをする上で床材は大切です。

合板フローリングでも機能的に問題ないのですが、暖かみはないですね。

塗料が塗ってあると味気ないし、冬冷たいですね。

ココロも冷えちゃう。( ;∀;)

ヨガをするために床材を選ぶ!

そこで桐材を選んだのです。温かくて柔らかい。

冬でも床暖房のように暖かい素材。

スタジオつくり35

発注していたものが届きました。

材木屋さんから直で卸し価格で。助かります。

スタジオつくり34.2014.1.14

愛車に積んでもって帰ってきました。

かっこいい車ではないですが、夢を運んでいます。

スタジオつくり36

先日やっと剥がした下材の上に張っていきます。

ここでヨガするとは思えないなぁ笑 この時点では。

張り方は、You Tube が先生です。笑

いや、大工の友人に要領聞きました。

木の技術も少しは身につけた。

スタジオつくり38

どーですか!!少し進みました。

手作業なので時間かかりますがすこーし進みました。

写真では一瞬ですが相当しんどい。2日かかってます。

苦しいと楽しいの間。( ;∀;)

このスペースでもうヨガ少しやりました。自分だけ笑。

1番にね。

スタジオつくり37

それにしてもこの桐材。

サラサラです。

柔らかすぎて通常は腰板や、天井に使われます。

それを無塗装で使用するのです。そりゃよごれますし、いずれ真っ黒になるでしょうが、味ですね。

ただ、これだけは確信しました。この桐材、ヨガにぴったりの床材です。

ダウンドッグで掌から木のぬくもりがグングン伝わってきます。

タダーサナで足からグングンぬくもりが上がってきます。

(ヨガマット使用しますが、マットなしで立位やりたいくらい笑)

しんどいけどやりきります。