SATORUブログ

あなた自身があなたを苦しめる『禁止令』の解き方。

投稿日:

さて、このHPのブログ、

気がつけば4月以来かな?

 

メルマガでは毎週くらい、いろいろ綴っいます。

メルマガは非会員であってもご自由に受け取ってください。

これをクリック!

 

本日もしゃべります。

 

最近、季節の変わり目で、体調を崩す人が多いです。

メンタルの状態を崩す人も多いです。

 

たまたま重なったのですが、いや、すごい数ですが。。。

 

僕から、メッセージがあります。

 

20代の主婦の方。

(まあ、30代でもいいいのですが。まだ若い方に今日はね。)

 

・妻は〜〜でなくてはいけない。

・母たるものは〜であるべき。

・家族には〜して当たり前。

・家事も、仕事もこらくらいしないといけない!

 

様々あると思います。

自分に対して、プレッシャーをかけて、成長できているときは良いのですが、

それがしんどくなった時。

 

他人の言葉や、評価。

または、自分の中の当たり前基準。常識。

それが重たくなった時。要注意です。

 

心と身体は正直ですよ。

 

いや、正直だからいいのかもね。

ちゃんと機能して知らせてくれてるんだから。。。

それ、無視しちゃだめですよ。

ヨガ的にいう、心と身体の声なので!

 

 

僕は、いつも言っています。

若いのに家庭を持ってリスペクト。

子育てして、母になってリスペクト。

 

これは本心です。

 

本当にリスペクトします。

 

僕なんて未だに自分のことで精一杯、笑

ま、僕の話はいいか。いつもしてるので。

 

で、さっきの、

・妻は〜〜でなくてはいけない。

・母たるものは〜であるべき。

・家族には〜して当たり前。

・家事も、仕事もこらくらいしないといけない!

という考え方。

これ、行きすぎると、

心理学的に言うと、

『禁止令』となります。

〜しては、いけない。〜じゃなきゃいけないと、

自分を禁止、禁止で追い込んでしまう。

 

自分をがんじがらめにしてしまうことですね。

 

・家事はこなしてあたり前。

・人の親なんだから、完璧な母としていたい。

・逆らってはいけない。文句言ってはいけない。

 

 

こんな感じかな?禁止令。

この禁止令とは、僕も経験ありますが、なかなか外せないですよ。

 

でも、あきらめず、緩める必要があります。

めっちゃあります。

かといって、そんな自分を責める必要もないですから!

 

だって、意識が高いあなただから。

そのあなたはそのままでよい。

ただ、緩めるだけ。

〜なほうがいいよね。

〜なことに越したことはないよね。

 

 

先の例で言うと

 

・妻は〜〜であったほうがいいよね。

・母たるものは〜であるに越したことはないよね。

・家族には〜してあげられたらいいよね。

・家事も、仕事もこらくらい出来ればいいよね。

 

こんな感じ。

 

『禁止令』これが自分のことだと思った人は、

今の自分に当てはめて、文章置き換えてみてください。

これ、慰めでもなく、トレーニングだと思ってやってください。

一生かかってでもやってください。

 

あなたは、妻で、母です。

しかし、僕から言わせればまだ女の子です。

わがまま言ってもいい歳です。

そんな子らが完璧な母や妻だったら逆に怖いです。

 

僕なんて20代は、クソガキでした。

僕のはなしはまあいいです笑。

 

からり走り書きになりましたが、

またスタジオでくわしくお話できたらと思います。

-SATORUブログ

Copyright© 豊橋のヨガスタジオ-ヨガテリア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.