SATORU対談画像

SATORUブログ

次世代ヨガティーチャー「NAOKI × SATORU」の対談

投稿日:2018年11月12日 更新日:

人生はシンクロニシティ

こんにちは。ヨガテリア代表SATORUです。

今日は心理学、脳科学で言うシンクロニシティのお話です。難しく考えないでください。

ただのSATORUの人生ドラマです。

 

NAOKI×SATORU 対談記事が掲載される

なんと、大阪のヨガメディアのBASE YOGA MEDIAさんより

「NAOKI × SATORU」の対談

を企画していただきました。

>>BASE YOGA MEDIA.1.対談ページへ

>>BASE YOGA MEDIA.2.対談ページへ

ナオキ,SATORU,対談

NAOKI氏は、年齢が30歳(2018年現在)と僕より1回り以上も下ですが、大阪のBASE YOGA STUDIOを2店舗経営している一角の長です。

最近大阪ではドンドン知名度を上げ(もちろん実力も)ています。

彼と僕は同じスタジオ経営者&ヨガインストラクターとして刺激しあい、いつも尽きない話を交わしています。

今では愛知-大阪間という距離は関係なくなり、良き理解者であり、刺激し合う仲間であり、僕が成長するには欠かせない人物となりました。

彼のスケジュールが空けば僕は大阪に駆けつけ、僕のスケジュールが空けば彼は名古屋に駆けつけます。なぜ豊橋じゃない!?笑 それはさておきましょう。

SATORU対談画像

対談内容はリンク先のBASE YOGA MEDIAさんで読んでいただけるので、それ以外の話をしておこうかな。

>>BASE YOGA MEDIA 対談ページへ

>>BASE YOGA MEDIA.2.対談ページへ

 

彼との出会いは東京

彼との出会いは2年前の東京でした。同じ関西出身であったことと、同じヨガスタジオ経営者であったことが共通点があり話をし始めたのですが、

それ以外にも何か同じエネルギーを感じる人間だったのかなとは今では思っています。

いや、そうとしか思えないんです。

一匹狼的なところがある僕ですが、(っていえばかっこいいけど、いつも単独行動なだけ)彼と東京で出会ってからは、うまいこと出来事が起こって引き寄せられるように親交が進んでいきました。

そんな貴重な場となった東京でしたが、僕は本当はその場に行くべきか行かないべきか迷っていました。

当時は僕的にあまり明るい状況ではなくて少しテンションも落ちて、どんより曇っていたような気分の時でした。

そしてまた、NAOKI氏と親交を深めて行った理由も少しネガティブな相談からでした。今思うと皮肉なものですね。

ポイント

・東京に行ったのはどんよりした時だった。

・親交を深めたのもネガティブな相談からだった。

>>BASE YOGA MEDIA 対談ページへ

>>BASE YOGA MEDIA.2.対談ページへ

 

全ての出来事はシンクロニシティ

satoru-naoki2

naoki

全ての出来事はシンクロしている。(繋がっていると言うこと)それをシンクロニシティと言います。(心理学、脳科学の分野の用語です)

さて、上記のように、人生というのは、全てが繋がっています。時にはネガティブなことがポジティブな出来事に変わって行きます。

以前のSATORUにネガティブな出来事が起こってどんよりした気分になっていなかったら、彼と出会うこともなかったわけです。

そして今のヨガテリアの方向性も少し変わっていたかもしれません。

広い意味で捉えると、ヨガリボーン(ヨガ×心理学)も考案できていないかもしれません。正直それは今この文章を書いているまさに「今」気づきました。

そう、ネガティブな出来事から最高のポジティブな出来事に繋がっていることを、意外と人間は気づいていないのです。その知識がある僕も今、気付いたのです。

又、今となっては当時、東京行きを決めたきっかけのネガティブな出来事もそれ自体が良いことだったと捉えられます。

その後の、彼との出会いに、又、ヨガリボーン考案に繋がったからです。人間、同じ過去でもその後の人生によってそれが「最悪な出来事」から「最高の出来事」に変わって行くのですね。

 

さて、「最悪な出来事」から「最高の出来事」に変わった事ってみなさんの人生にもあると思います。

例えば

・高校受験に失敗したから最高の人に出会えた。

・会社をリストラされたからその後の仕事を見つけた。

・大失敗やらかしたからその後結果を出せた。

などなど、人生を振り返って見ると、ネガティブなことはひょんなことでポジティブな出来事に変化するのです。

ちなみにポジティブ思考な人はこれを無意識のうちに行なっているのです。ネガティブな人はこれが少し苦手なだけなのです。

 

過去の自分に言ってあげたいこと

ということで当時、どんよりとネガティブに落ち込んでいて、東京行きを決めた時のSATORUに言いたいことがあります。

「SATORU!今、最悪な出来事が起こっていると思ってるやろ!それがあったからその後、最高の仲間と出会い、そして天命とも言えるヨガリボーンを考案することになる。今外から見ているとお前は落ち込んだ顔をしている。でも俺は知っている。その顔は最高の落ち込んだ顔。いい顔しているよ。」

と。

 

未来の自分が今の自分に言ってるだろうこと

さて、生きていると、やはりショックな出来事は起こります。ガーーーーンって落ち込む時はあります。

しかし、それはもう少し高い視点からものを見てみましょう。本当に本当に最悪な出来事なのか。

その後に展開が変わって、人生ってどうなるのだろうか。何年か先の未来の自分が今の自分の姿を見て、エールを送ってくれているのではないだろうか。そんな錯覚さえ起こす時があります。

 

そんな風に考えるのは、SATORUがポジティブだから??特別だから??

そうではないんですね。

このシンクロニシティは訓練次第で誰でもそういう思考になります。

これは理屈でななく、頭で考えるものではなく、日々「行動して実践」するものです。

現在のとある出来事から、順番に時系列を辿って戻って見てください。もちろんしっかりと大きな紙に書き出して。これを繰り返し行うと、一喜一憂することが少なくなります。

人生にふて腐れることなく、受け入れて、なんとかポジティブに動く強さも身に付けることができます。

 

もちろん僕も完璧にはできません。なのでこの記事に共感した方、僕と一緒にシンクロニシティを取り入れてやって見ませんか?

一緒にやる仲間がいると意外とお気軽に楽しくできるものですよ。このワークはヨガリボーンでやってます。

 

>>BASE YOGA MEDIA対談ページへ

>>BASE YOGA MEDIA.2.対談ページへ

>>このページTOPに戻る

>>HOMEに戻る

-SATORUブログ

Copyright© 豊橋のヨガスタジオ-ヨガテリア , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.