ヨガスタジオ製作奮闘記

ヨガスタジオ製作奮闘記

ヨガスタジオ製作奮闘記

投稿日:

2013.12.6

ヨガスタジオ製作開始。まず壁剥がしから

そもそも、なぜこんなことをやっているかというと、

全部ヨガの環境のためです。

気に入ったヨガの環境で、インテリアで、ヨガをしたいと思った。

それだけです。

それだけ。

本当にそれだけ。あとはGO!

で、2階の部分の壁をはがしたわけです。

築3年なのできれいでしたが仕方ない。これもヨガの為。

このころはまだ猫を家の中で放し飼いでしたね。

↑で、

壁紙の下は石膏ボード。その下は断熱材ですね。

壁紙でもよいのですが、やはりヨガをするなら天然素材100%の
ロハスウォールにしたかったのです。

漆喰です。塗り壁。

その技術を習得するところから始めてます。
岡山にも行って製造過程もこの目で見て選んだ素材。

やりきって、癒される空間ヨガをやります!

それにしてもすごい誇りです( ;∀;)

もう裸足では危ない笑

髪の毛も真っ白け。

しかし

もう引き返せません!!

気合い入れて行きます!( ;∀;)

 

2013.12.25

壁と床をはがしています。

クリスマスですかね?

ヨガスタジオ作るのに関係ないです。

今は悪戦苦闘です。

元々の床を剥がす作業は正直半端ではないです。泣きそうになります。そして不安で。

ヨガスタジオ作るのも楽じゃない。床は剥がすものではないですね。そりゃそうです。剥がすことを考えないで接着剤でくっつけられてるんだから。

だから床張り替えたい方、剥がさずに迷わず上から重ねて張ってください。

経験者談です。

 

↑フローリング材を剥がすのはプロでも嫌がります。涙

というかプロだから断るんだと思います。友人の大工が言っていました。

手間ばかりかかるからです。

わかっていたのですが、やらないと気が済まない性格なものでやっておりました、

 

僕が床材を剥がす作業には電動丸ノコを使用していますが、木屑が半端ないので、キッチン使えないし、

マスクが必須なのはいうまでもありません。丸ノコも危ないですしね。

使い方しらないと脚切りますよ。キックバックといいますが、歯が噛んで手前に飛んできます。

焦らず慎重にね。(^^)

 

↑しかしまぁ、慣れればここでコーヒーなんて飲めるんだから人間慣れですね。

優雅なものです。

いや、それは言い過ぎました。

足元は裸足では危ないし、スリッパでも危ないので、

安全靴はいています。
家の中で安全靴で生活ですよ。

 

ヨガスタジオ床材

↑複雑な箇所はは少し大変。

大変だけど結局好きなんでしょうね。

まだまだヨガスタジオつくりは始まったばかりですが、頭の中には完成形のヴィジョンがあります。

よく聞かれますが、SATORUは建築関係の仕事をしていた訳ではなし、

内装関係も素人ではじめています。

ヨガスタジオつくりたいという気持ちだけで走ってます。

 

壁塗りは少し修行に行ったのでそれは後日報告しますね。

 

ヨガスタジオ床材

↑床を剥がしきりました。

丸何4日くらいかかったかな。正気じゃやってられませんね( ;∀;)

同じことをやれと言われたらとてもできないので、他人には勧めません。

床材は上から張りましょう。

 

さあ、いつでも目を閉じてここでみんながヨガをするのを瞼の裏に映しています。

というか本当にここに生徒さんが来てくれるかは不安ではあります。

それではまた報告します。

 

2014.1.2

ヨガスタジオの床材張り①

お正月からもちろんやっていました。

さてヨガスタジオって何が大事でしょうか。

ヨガって基本的にマット1枚で行うものですし、特に器具が必要な訳ではありません。

 

スタジオとしては設備投資も必要ないです。

ただこだわるならここです。それは

「床材」

合板フローリングでも機能的に問題ないのですが、暖かみはないですね。

塗料が塗ってあると味気ないし、冬冷たいですね。

イメージ浮かびますかねえ?テカテカのニスみたいなのが塗ってある床。

というかごめんなさいね、そんな床に住んでる方。

 

これはSATORUの、ヨガテリアのこだわりですから。

 

だって冷たい床は

ココロも冷えちゃう。( ;∀;)

 

ヨガするためのこだわり抜いて選んだ床材。

それは「桐-キリ-」

 

桐は

柔らかくて暖かい。

冬でも床暖房のように暖かい素材。

 

ヨガスタジオ床材,桐

↑発注していたものが届きました。

材木屋さんから直で卸し価格で。助かります。

知り合いでもなんでもなく、直接何件も飛び込んで売ってもらいました。

これからヨガスタジオやっていくのに、これくらいの行動はしないとね。

ヨガスタジオ床材,桐

↑愛車に積んでもって帰ってきました。

かっこいい車ではないですが、これには夢をたくさん載せて運んでいます。

僕が高級車に乗っても誰も幸せにできないと思うけど、

この車でいろんな資材を運んでスタジオを作ると

たくさんの人を幸せにできて、そしてまた僕も幸せになるのではないかと考えてこの安価で荷物がたくさん載る車にしました。

結果、大正解。役に立つこの車。

 

↑先日やっと剥がした下材の上に張っていきます。

ここでヨガするとは思えないなあ。現時点では。

(笑)と入れようとしたけど、笑えもしない。

 

こうやってみなさんにブログで報告しながらも、背筋が凍るくらいビビってます。

行動するって本当に怖いもんですね。

足が震えそうになる。

 

ちなみに床材の張り方は、You Tube が先生です。笑

いや、大工の友人にも要領聞きました。木の技術も少しは身につけた。

練習もしましたよ。

ヨガスタジオ床材

↑で!どーですか!!少し進みました。

手作業なので時間がすごくかかります。

 

写真では一瞬ですが相当しんどい。2日かかってます。

苦しいと楽しいの間。( ;∀;)

 

このスペースでもうヨガ少しやりました。自分だけ。

1番にね。

 

ヨガスタジオ床材

↑それにしてもこの桐材。サラサラです。

柔らかすぎて通常は腰板や、天井に使われます。

それを無塗装で使用するのです。そりゃよごれますし、いずれ真っ黒になるでしょうが、味ですね。

 

ただ、これだけは確信しました。この床材、ヨガにぴったりの床材です。

ダウンドッグで手の平かあら木の温もりがグングン伝わってきます。

(ヨガマット使用しますが、マットなしで立位やりたいくらい)

 

スタジオ製作、しんどいけどやりきります。

 

2014.1.3

ヨガスタジオの床材張り②

桐無垢の無塗装材をとうとう張り切りました。

ヨガスタジオを自分で作るなんて言いだすんじゃなかったと泣きそうになることがあります(涙)

 

ヨガスタジオ床材

↑こういった角は難しいです。

 

さて、

一枚一枚張っていくと絶対上記の様になります。ここは切ってきれいに合わせるしかありません。

 

ノコギリで手作業となります。

できなかったら練習して何回かチャレンジします。

 

誰かが教えてくれることもあるけど、教えてくれないこともある。

教えてくれなくても、失敗しても、結果できてしまうこともある。

怖がっていては何もできない。

 

神様が気持ちをなんども試してくる。涙

 

ヨガスタジオ床材

↑のこぎりで切ってこういうのを用意します。

のこぎりできれいに切る技術よりも、採寸のコツも大きかったりします。

はっきり寸法を測れてないと元も子もなく失敗します。

 

巾木(床の端っこの縁の木ね)がないので、1mmなんてずれたら隙間が見えまくりでカッコ悪いです。

はい、意味わかりませんね笑。流し読みしてください笑(>_<)

でもスタジオ製作について興味ある人はSATORUに連絡ください^^

 

ヨガスタジオ床材

↑要はこうやってスライドさせていって、ポンポンと叩いて行って。。。。

 

ヨガスタジオ床材

↑ピタッとハマりましたよ!

やったぜ!結構緊張した!

 

 

ヨガスタジオ床材

↑こういう、最後の角。部屋の角はこれまた大変ですね。

これいろんなヨガスタジオオーナーの卵に質問されます(笑)

「床材の角どうするの?」って

部屋は直角には作られてないので、最後の床材は鉋(かんな)で削ってぴったり調整します。

手作業です。でも鉋(かんな)は必須ではないです。

なんとかヤスリとかで形作って隙間埋めます。ここは根気でなんとかなるし、

僕みたいにこだわりがないのなら巾木(はばき)使えば隙間は隠れます。

 

ヨガスタジオ床材

↑鉋(かんな)を習って腕を磨いたのはそう

ヨガスタジオ製作の為!

こういった行動はやはり、ちょっと変人出ないとできないかもね^^

でもみんなが喜んでくれたらなっと思って本人は本気でやってます。

 

泣きそうな夜もありますが。。。( ;∀;)

 

ヨガスタジオ床材

↑フローリング材には実(さね)という突起がついてますが、切り落とすのを忘れてから張ってしまうこともあり、

そんな時は鑿(のみ)を使って落とします。

実(さね)って要は床材と床材繋ぐ溝ですね。今切り落とそうとしてるのは実の出っ張りね。

 

ヨガスタジオ床材

↑最後は玄能(金槌のこと)で叩いてパンと叩いてぴったりはめ込みます。

なんたって巾木(床の端っこの縁の木)もなしで、上から釘も打たないんだからもう、ぴっっったりにするしかない!!

で!!!

できました!!床材張れました。

しかし、公開は壁が終わってからにします。

ここまで読んでくれた方、素敵。感謝します。

 

2014.1.5

ヨガスタジオの壁を塗るための修行

2013年11月の話になりますが、ヨガスタジオを自分の手で作る。

そう決めました。そして壁はスタイリッシュな素材にしたい。

そう思ったわけです。

 

そこで見つけたのが、岡山の漆喰屋さん。

100%天然素材のみで出来た貴重な壁材。ロハスウォールと言いますが、その本社の岡山にて指導してもらいました。

ヨガスタジオ壁塗り

↑この目で確かめました。この会社の壁材は確かに天然の素材のみです!

一般的に壁材は「接着剤」を混ぜて壁に塗るのですが、

ここの会社は「海藻」を混ぜて壁に付着させるのです。

 

ちなみに壁紙にもそうです。

接着剤の匂いで頭痛になっている方って意外と多いですよ。

新築引っ越してしばらく頭痛がしている方は特に要注意ですよ。

壁と床の環境ってその人の体調とメンタル面にも関係しています。

 

これが僕がヨガをする上で壁と床にこだわった理由です。

せっかくヨガするのに、環境で体調壊したくないものですね。

 

で、本日2014.1.5は

塗り壁修行で東京まで来ています。

 

ヨガスタジオ壁塗り,漆喰

↑盛り板に漆喰を乗せて壁に塗っていきます。

最初はホントに難しい。

 

 

何度も連呼するように、すべてはヨガの為!

と言ってますが、これ冗談ではないんです。

 

この素材、塗って、乾いてない状態でも本当に癒されるんです。

それは画像では伝わらないし、言葉で表現するのも難しい。

なんか、雪のカマクラはご存知ですよね?

ぼくも入ったことはないですが、カマクラって入ったらこんな感じなんだろうかって感じ。

通常、ペンキ塗っても、壁も天井も生乾きだったら気持ちよくはないですよね??

この100%天然の漆喰は違う!

 

ヨガスタジオの壁の為に僕をここまで突き動かした何かがそこにあります。

ヨガスタジオ壁塗り,漆喰

↑後姿、僕ではないですが、こんな感じ。

ここのお宅は、東京に新築で家兼、美容室を経営されます。

 

そこに塗らせに行ってきたわけですね。ここのお宅で、何件目だったかな。

何軒も塗らせてもらって、1日10時間とか、クタクタになるまで壁を塗ります。

しんどいですよ。だけども楽しいです。

腕磨いて、僕も自分のスタジオ塗ってそこでヨガするぞ!

 

ヨガスタジオ作ると行ったらみんなに突っ込まれ・・・

壁をを塗るのは左官屋さんですよね。

しかし、壁を塗るのは自分たちでもできますよって教えてくれたのが

ロハスウォールクラブの人たちでした。

漆喰の材料屋さんです。

自分たちで塗れば楽しいし、かっこいい。

自己紹介で、ヨガスタジオを作りますって言ってからというもの、

突っ込まれまくり笑( ;∀;)

漆喰修行4

↑みんで塗っていきます。

いろんな人が集まってるのですよこれ笑。

美大生やら、建築家やら、ヨガインストラクターやら。笑

目的違って、職業違っても、変わったひとばっか笑

楽しい楽しい。楽しくって技術も身に付く。

 

漆喰修行2

↑このお方は、職人さんです。めっちゃうまい職人さんです。みんなで動画取ってました。

ぼくも指導していただいた。

イッキにうまくなった

 

めっちゃスタイリッシュでロハスなスタジオを作ってそこでヨガをしたい一心で

インターネット検索したりして調べてたどり着いて出会った人たち。

そうとう楽しい人と出逢った。

みんな子供のようにあほな事いってるけど、実はバリバリのビジネスマンです。

壁の事もビジネスの事も教わっている。

気持ち一つで突っ走ってみたら、同じような人がいるものですね。

まさに引き寄せの法則。

さぁ、人のお宅はもう塗れました。

いつも丁寧に塗っていた。しかし!

これからは自分のスタジオぬりますよ!

もう、教科書通りでなく、僕のセンスをぶつけます。体当たりで

壁を塗ってみたいと思います。

進捗過程は逐一報告しますね。

ではまた。

 

2014.2.4

階段部分の壁を壊す。

私ヨガテリア代表SATORUは今日が誕生日となります。

誕生日にこんなことしてていいのでしょうか

床を張ったのですが、後から考えて、壁を壊してスペースを確保したい部分が出てきました。

最初、内装いじったときは壁の中がどういう構造か想像もできなかったので、

いまになって思いつきました。

 

ヨガスタジオ製作diy

↑階段の部分です。

すこしずつめくってみました。誕生日に。

 

ヨガスタジオ製作diy

↑ね。

単なる石膏ボードが張ってあるだけ。

多分できます。

 

↑すべてめくってこんな感じ。

ここには壁の強度とか一切関係ないので、この心材も切ることにします。

 

ヨガスタジオ製作diy

↑切ったらこんな感じ。

すごく広くなった感があります。

 

ヨガスタジオ製作diy

↑こういうところはフツーにのこぎりです。

木工を習っておいて良かったと思う今日でした。

手すりをカットして、解放感も出たし、

将来的にここに扉を設置しますね。

 

ヨガスタジオ製作diy

↑また、窓の枠ですが、住宅用では雰囲気が出ないし、

所帯じみたところで、僕ならヨガやりたくないので、

いや、もう個人的拘りですが笑

とにかく素敵なところでヨガがしたいのです。

窓枠を外して、窓枠のない、窓辺にしていのです。

それは完成してお見せしないと言ってることがわからないかもね

窓枠がないと相当かっこいいし、非現実的空間となります。

それは壁を塗る修行時に体験してことでした。

写真では一瞬ですが、これ、2日ほどかかっています( ;∀;)

泣きそうでした。

 

ヨガスタジオ製作diy

↑あとは、壁をはがしたところのエッジの処理です。

ちゃんと壁塗る前に、四角く処理しておかないと大変です。

 

ヨガスタジオ製作diy

↑ベニヤ板を用意して。。。。

これ、相当手間のかかる作業です。。。。

本当に。。。。

ヨガがしたいという想いだけで動いてました。

 

ヨガスタジオ製作diy

↑組み立てるというかビスで留めて、四角にしていきます。

 

ヨガスタジオ製作diy

↑これをポンと叩きこんだら箱というか、四角くなりますね。

兎にも角にもヨガスタジオつくりは大変だ( ;∀;)

いよいよ、壁を塗っていきますね!

 

2014.2.20

塗り壁(漆喰)

今ヨガスタジオを作っています。

私はヨガインストラクターです。

↑これちゃんと言っておかないとなんの記事だかわからなくなる恐れ^^

これはヨガスタジオの壁を塗る工程の記事です。さあ壁材が届きました。

スタジオつくり8

↑床が傷つくのでヨガマットの上に。

神聖なマットが笑

自分個人のマットです。あしからず。( ;∀;)

 

スタジオつくり15

↑まず大事なこと。

床を養生します。

漆喰は強アルカリ性なので、無垢の木材がすぐ変色します。

そして道具類を落としても傷がつくので養生はすごく大事。

ヨガするならガリガリの床材の上でやりたくはないです!

 

スタジオつくり14

↑材料を練ります。

これからヨガスタジオやサロンをオープンしたくてこの記事を読んでるあなた。

DIYでする方は、必ず、練ったものを買いましょう。

粉末から練るのはプロの道具がないと不可能に近いです。

よい粘度にまで水を加えて練ります。

ここまでで半日かかります( ;∀;)

 

スタジオつくり73

スタジオつくり81

↑僕の盛り板とコテです。大切なもの(^^)コテは用途に合わせて使い分けます。

多少訓練がいります。興味のある方は教えます。

って、本当に教えるけど僕の仕事はヨガインストラクターです。^^

 

スタジオつくり74

↑何かわかりますか?窓枠です。窓枠。いきなり壁面全体を塗りわけではなくて、

こういう、凹凸をフラットにします。

目地を埋めていくわけですね。

これも腕の見せ所ですね

ここまで激しいと一度ではうまりません。

時間が食う作業。

 

スタジオつくり75

↑テラスのとこですが。丁寧に。

ここはヨガしてて足がポンと当たったりもするから、ツルツルに仕上げないと生徒さんが足怪我しちゃったら大変です。

 

スタジオつくり76

↑なんども塗って平らにしていきます。窓枠をツライチにしたかった。ここは譲れない想いでした。

今日はこのへんで終わります。朝から晩までかかってます。

この手間を省くと、仕上げに大きく影響します。

下地さえ出来ていれば、仕上げもうまくいきやすい。

 

ヨガのポーズも土台がしっかりしていないと

上半身では修正できないですからね。

なんかちょっと違う?笑

無理やりヨガと結び付けた感満載で本日作業終了しました。

本当に疲れた。風呂入ります。

 

2014.2.22

漆喰の下塗が完成

ようやくここまで出来ました。

100%天然の漆喰下塗り材を塗りました。

まっ平に仕上げる作業です。

足場脚立という、上がフラットな脚立に乗って作業します。

ヨガスタジオの天井。

仰向けのポーズで目につくもんね笑

ヨガスタジオ壁塗り,漆喰

↑天井塗ってるところ。悠長に写真撮りましたが、実際時間との勝負なんです。マジで

天井は仰向けのポーズで生徒さんがよく眺めることになるだろうところ。

 

ヨガスタジオ壁塗り,漆喰

↑以前ふさいだ壁も上から塗って真っ白な平らにしますよ。

楽しくて、大変ですが。これもヨガの為!

 

ヨガスタジオ壁塗り,漆喰

↑まだ生乾きなのでムラですが、感動です。窓枠を外してツライチにしたってのはこの事です。

ヨガテリアの窓枠はすべてこれにします。そうそう大変ですが、ここにはこだわります。

非現実感!それです!

 

とりあえず寝ます。

乾かして明日撮影します。

 

ヨガスタジオ壁塗り,漆喰

↑昨夜は大変でしたよ。乾きました。

足元の巾木も外してます。

非現実感!それですよ!

ヨガテリアのコンセプト!

非現実感!

大変なんですよ( ;∀;)

絶対素敵なスタジオ作ってやる!

 

ヨガスタジオ壁塗り,漆喰

↑いやあ、下塗ですが感無量。半端ではないですこの空間。

一人大興奮しています。

こんなスタジオは日本中探してもないと思います。

自信出てきた。

岡山や東京まで塗り修行行ってよかった。

あとは上塗りです。センスの出る上塗り。

 

すぐに上塗りしようと思ったのですが、

しばらく濡れません。

というのも、上塗り材がしばらく届きません。

なので塗り方でも考えてしばらく過ごします。

上塗りしたら全貌をお見せしますね。

楽しみにしていてください。

それでは今日ももう寝ます。疲れた。

 

2014.3.22

ヨガスタジオの一部が完成しました。

自信満々に書いてきましたが、

実はドキドキというか、プレッシャーが半端なかった。

ヨガテリア!ここで、ヨガしますよ!

 

ヨガスタジオ壁塗り,漆喰

↑ホームページ用に何枚か撮影しなければ。

2014年4月2日オープンなのに、

結構ギリギリ。

でも、素敵。

自分でいう。素敵(^◇^)

 

100%天然の漆喰ロハスウォールと

桐-キリ-の無垢無塗装。

白い壁と、サラサラの肌色の床。

 

ポーズによってはマット敷かず、

素手、素足でやりたくなります。

 

桐は柔らかくて温かいですよ。

床暖房のように暖かいです。

 

ヨガスタジオ壁塗り,漆喰

↑塗っているときの様子。

もはや安全靴でないと危ないです。

相当に散らかっていた。

というよりただの現場(笑)

漆喰は時間との戦いなので写真が少ない。

 

ヨガスタジオ壁塗り,漆喰

↑一部分はこーやって乱流と言う塗り方です。

センスいりますこれ。

難しい。自分を褒めてやりたい。

朝の日光の中と、夜では、まったく印象が違って、

どっちもいいけど、甲乙つけがたいくらいですよ。

こんなヨガスタジオは日本中にないですね!

 

ヨガスタジオ壁塗り,漆喰

↑いつかヨガスタジオ(その他小さい店)改装orオープンしたい人。

ご相談くださいね。(^^)/

同じような志の、小さな店から始めたい人がいれば力になりたいです。

 

ヨガスタジオ壁塗り,漆喰

↑夜には壁の模様が照明で浮かび上がってきれいです。

ぼーっと見ていたい気分。

既に毎日ヨガをしています。

もちろん一人で。

 

ヨガスタジオ壁塗り,漆喰

↑服がカピカピです。リアルダメージ加工です。

改装はじめて何日経ったかなぁ・・・・。

はやくみんなに見てもらいたいこの空間。

とりあえず今日も寝ます。

泥のように。

 

2014.3.17

黒板の扉を作製

ヨガをしているときには生活感のあるものを隠したい。

それは最初から決めていました。

そう。キッチンを隠しましょう。

既製品では現実感が出るので、

作ります。

 

ヨガスタジオ内装,ドア,黒板

↑突然ですが

完成画像。

写真では一瞬ですね笑

構想やデザインや、採寸や、材質選びから

ほんとーに時間かかって決めて作りました( ;∀;)

 

ヨガスタジオ,内装,ドア,黒板

↑木を買って、溝切って。

今から思うと、溝はいりません。

覚えたてでやりたかっただけ(笑)

 

ヨガスタジオ,内装,ドア,黒板

↑なんせデカイから、直角になるか心配でした。

木も安いパイン材無垢なので曲がってるから、

どこで妥協するかがキーポイント。

 

ヨガスタジオ,内装,ドア,黒板

↑スライドレールの部品は、木を刻んで入れ込みます。

その技術は最低限必須です。

(しかしこれができなくても、他で代用できるので、真似したい人は諦めないでね。なんならメッセージくれたら相談乗ります。)

スライドして、ヨガレッスンの時は締め切って、

お茶お出しする時開かないと意味ないからね。

出来れば閉まっているときは、壁のように見せたい。

なので上までびっしり扉にしました。

2m15cmだったと思います。

 

ヨガスタジオ,内装,ドア,黒板

↑黒板の板の部分をすーっと入れ込みます。

結構緊張。

知らないもの、初めて作るものって時間もかかる。

人に相談もできない。

大変。そしてワクワク。そしてビビってる(笑)

 

ヨガスタジオ,内装,ドア,黒板

↑想像してたものも作ってみないとわかんない。

形になってきたけど

多分よさそう。たぶんね笑

だれにも聞けないのがさみしいね笑

 

ヨガスタジオ,内装,ドア,黒板

↑裏は心材で補強します。

 

ヨガスタジオ,内装,ドア,黒板

↑2階に持って上がるのが大変でした。

重いしでかいし( ;∀;)

この黒板に、ヨガイベントを書いて生徒さんに

告知していこうと思います。

 

2014.5.30

壁の解体作業

ヨガテリアのスタジオスペースを増設します。

ヨガスタジオ壁,製作

2Fスペースでヨガをする人が来てくれれば、何年後かには

考えていたのですが、

こんなにも早く実行するとは

うれしい誤算です。

耐力壁ではないことはわかっていたので、手作業で、当たり前ですが

一人で解体作業中。

 

↑それにしても大変です。

以前よりも広くて大変な作業ですが、

2Fで慣れたので、多分大丈夫です。

人間慣れる生き物ですね。

今はまだこんにに散らかっていますが、

ここで10人はヨガできます。

埃がすごいですね。

朝から晩まで一人で解体。

でも、ここでヨガやる夢

があるので、結構平気です。(^^)

なにごとも人間、

その人を動かすものがあるかないかですね。

これで一通りの壁は解体した。

もちろん何日かかかってます。

画像では一瞬(笑)

 

 

結構備え付けのクローゼットとか壊すのが手間かかった。

解体は大変ですが、

目に見えて作業が進むので楽しい作業かもしれない。

壁を壊すと、日差しと風の通りが心地よい。

壁を壊す。

それは心の何かの壁を壊していたのかもしれない。

ここから、細かい部分の作業に入ります。

目に見えて進まない作業ですが、

人生と同じで、見える部分だけが作業ではない。

コツコツやれば必ず進んでいると思って日々やってます。

 

みなさんヨガテリア3Fでヨガやりましょうね。

 

 

2014.7.20

メインスタジオの壁解体

2014年4月にヨガテリアをオープンしてますが、嬉しい誤算で人が来てくれている。

将来的に3Fスペースをぶち抜いて広いスペースでヨガできたらなぁと考えていたのですが、

こんなに早くその時期が来るとは。

嬉しい反面大変です。自分でやるのは。

 

特に最近暑くなってきて、作業が大変です。

 

ヨガスタジオ製作,ドア

↑朝から夜中までレッスン時間以外は作業しています。

(現状レッスンは2Fで行ってます。)

先日はとうとう、この真っ白なうえで寝てしましました。

みんながここでヨガをするところをイメージして

瞳を閉じたら、4時間ほど( ;∀;)

 

ヨガスタジオ製作,ドア

↑そしてこれは,とあるものを作っています。

壁の中の芯材をそのまま捨てるのはもったいなくて。

まさにビフォーアフターの匠みたいになってきました。

芯材をはぎ合せてます。

かなりの面倒な作業ですが、

情熱が僕を突き動かしてます。(^^)/

 

ヨガスタジオ製作,ドア

↑一つ一つはぎ合せ(繋ぎ合わせ)て行きます。

これがヨガスタジオ作ってるようには見えないですね。

ちなみに芯材はLVLという材料です。

買うと高いのにすべてそのまま捨てるのはもったいないし、

どうせなら何か作りたかったので。

 

ヨガスタジオ製作,ドア

↑これはヨガテリアの玄関のところなのですが、

とあるものを外しました。

ヒントでーす。

 

ヨガスタジオ製作,ドア

↑その外したところがここです。

結構わかったかな。(^^)/

内装を解体していくと、構造がわかって楽しいですよ。

一つ一つ手で解体していきます。

釘も出てて面倒ですが。

 

ヨガスタジオ製作,ドア

↑さっきはぎ合せてた芯材は最終これくらいの大きさになりました。

大工の友達に相談もしましたが、作ったこともないからどうなるかわからないとの事。

そりゃそうですね。こんなん誰も作らない(笑)

スタジオ9月に間に合うかわかんないのに

作りたいもの作り出して、大丈夫かな?

次回に何をつくったのかを報告します。

 

2015.8.5

床材張り再び。

ヨガの命!床材を張ります。

ヨガスタジオ床材

↑壁の下塗はしてあります。

その報告は後日。

床材は相当悩みました。

柔らかくて温かい素材。

悩んで悩んだ末に、桐(キリ)にしました。

2階と同じですが、これはヨガテリアの信条となりそうですね。

本来床材には向かないくらい柔らかい桐。

柔らかくて傷つきやすく、一般家庭ではむずかしいですね。

 

ヨガスタジオ床材

↑1枚1枚手で打って張っていきます。

接着剤は使いません。

ホルムアルデヒドに囲まれてのヨガなんて嫌でしょう。

ちなみに通常の成功で接着剤を使用するのは、

・床材は反らないため

・床材がギシギシ鳴かないため

なのです。しかし

板が反ってもいいじゃないですか?

歩くたびにギシギシ鳴いてもいいじゃないですか?

それって味じゃないですか?むしろウェルカム。

 

ヨガテリアの床材は塗装もしてません。

無垢が無塗装で汚れてもよいです。

それも味です。

たまに、無垢の床材にテカテカに塗装しているのを見るとSATORU的には勿体無いなあと思っています。きの温もりが台無しだから。

みんながヨガして床材は少し茶色くなって来てもいいじゃないですか。

たくさんの人が裸足でヨガをした証拠なので。

 

角は難しいですね。

腕の見せ所。

鉋(かんな)も使いますよ。

 

ヨガスタジオ床材

↑この日のために鉋(かんな)を勉強していた。

角は難しいですね。

腕の見せ所。

鉋(かんな)も使いますよ。

部屋って真っ直ぐにはできていないので、端っこは鉋が必需品。

※鉋(かんな)がなければヤスリで削ったり、カッターで切ったりして調整すれば代用できますよ。^^

 

ヨガスタジオ床材

↑さて作業は夜まで続きました。

マット1枚敷いてヨガをします。

ヨガスタジオを作るのが夢でした。

それも手作りで。

まだまだ目標は遠いところにあるけど、少しづつ着実に来た。周りの人たちのサポートの元、ここまで来た。

ヨガを始めたい方。いつでもここでお待ちしています。

 

 

2014.8.15

3F床材張り

ヨガスタジオの内装を作る男 ヨガテリアです。

 

ヨガスタジオ床材

はい↑上記が、内装をまず取っ払って、壁も壊してしまった状態。

もちろん手作業ですよ( ;∀;)

クレイジーな作業です。

今の床は一般的な合板フローリングです。

クリア塗装もしてあって、ツルツルですが、

冷たくて味気ない。

 

ヨガスタジオ床材

↑先日に引き続きここまで床材敷きました。

手打ちです。

台風が来ているので観葉植物を避難させて。

外は台風でもスタジオつくりに休みはありません。

ちなみに、床材を張る上で、

 

接着剤は使用していません。

これは非常に大事なことです!

床材や壁材の接着剤が、

頭痛・吐き気・アトピーを引き起こします。

 

匂いにきずかなくてもそこにいると気分が悪くなったりね。

そんな環境で大きく息を吸って

ヨガをしたいですか?したくないですよね?

 

壁・床を天然素材にこだわったのはその為。

僕は自分のやりたい環境でヨガをしたいのです。

それがヨガテリアです。

 

ヨガスタジオ床材

↑ヨガテリア3Fは凹型をしていますが、この部分が難しいですね。

端っこは鋸(のこぎり)と鉋(カンナ)を使います。

ピタッと合わせて、そこでヨガをしたいものです。必死です。正直。

泣きそう、いや、少し泣いたかもしれませんよ。

でも、ここでヨガをする夢。ヨガテリアをやっていく夢

が僕を突き動かします。

不安なときもあるけれど、もう前向くしかありませんね。

 

ヨガスタジオ床材

↑何とか床材終わりました。

毎回言ってますが、画像じゃ一瞬ですね( ;∀;)

汗だくで、朝から晩まで。

9月に向けて間に合わせないと。。。。

さぁ、次は壁の本塗りです。もちろん100%天然の漆喰を採用します。

2014.8.23

ヨガスタジオ3F壁塗り(漆喰)

塗ったのはお盆です。

お盆でもなんでも、ヨガスタジオつくりに休みはありません。

 

ヨガスタジオ塗り壁,漆喰

↑なんとしても9月に間に合わせます。

ヨガスタジオを作るというこの変人作業( ;∀;)

どんどん現実と化してきた!

木工の技術や左官の技術を磨いてきてよかった。

 

ヨガスタジオ塗り壁,漆喰

↑この塗り方、乱流と言います。

センスがいる塗り方です。

正直に言います。

これ、めっちゃうまいです( ;∀;)

 

ヨガスタジオ塗り壁,漆喰

↑この滑らかさ、そしてウネッた感じ。

全部ではなくて、ある一部分だけをこの乱流にしてます。

 

ヨガスタジオ塗り壁,漆喰

↑この壁をプラーナと名付けました。

【プラーナ】

意味:サンスクリット語で精気。まぁ、エネルギーってとこですかね。

僕のプラーナをぶつけました。

 

この壁、触りたくなるくらい魅力です。

夜には間接照明あてると、きれいです。

そこで一緒にヨガしましょうね。

 

ヨガスタジオ塗り壁,漆喰

↑さぁ、もう日も暮れてしまった。

朝から晩まで汗だくで漆喰まみれのほこりまみれ。

道具を片づけるのも一苦労。

でもつっ走る。

誰もここに来てくれなかったらどうしよう。

そんな不安ばかりが頭をよぎります。

 

見えないものから勝手に不安を作り出す。

5000年も前のインドのヨギーはすでにこんなことを言ってたっけ。

 

そうですね。

すべては自分の中からくるのです。

なら、不安で無く、希望を見出そう。

カンタンではないけれど、ヨガをしてその術を身に付ていこう。

 

暑い中、壁を塗って、そう思っていた日。

もうすぐ完成。

絶対やりきってやる。

 

世界でも稀な100%天然のロハスウォールの漆喰。

職人の町、岡山まで行って調達したシロモノです。

 

2014.8.29

ヨガスタジオ3Fついに完成

やった!ついに!ついにやり遂げた!

ヨガスタジオができました!

2Fも素敵だったけど、このひろい3Fスペースはもっとすごい!

 

ヨガスタジオ内装

↑苦節何か月こもりましたかね?

壁壊しから始まって、産廃処理もして、

壁塗って床張って・・・・・

もう涙です。。。。

この陽当たり、風通し、見渡し、

どこのヨガスタジオにも勝ちます!

 

 

窓が本当に多いスタジオになりました。

近くに高い建物もなく、山まで丸見え。

タダーサナ(山のポーズ)で山を見る。

それに結構はまってます。

 

ヨガスタジオ床

床材は何度も語った

【桐】-キリ-

メチャクチャに暖かくて柔らかな素材。

無塗装なので、さらっさら!

裸足で歩きたくなるスタジオです。

自律神経は環境で大きく異なります。

 

自然の素材で、スタジオにいるだけで張りつめた緊張が

緩みます。

 

居たいスタジオ

まさにそれ!!

 

ヨガスタジオ壁,漆喰

↑壁は最高でしょう!

世界でもまれな岡山の漆喰で、100%天然。

接着剤不使用!

なので施工当日から快適快適!

普通なら、接着剤やらなんやらのケミカル素材で、頭痛になるため、何週間も換気してから

入ったりするのですが、ヨガテリアには関係ないです!

 

 

キャンドル

↑キャンドル灯して壁を照らす。

そしてら塗った畝(うね)が浮かび上がって、きれい。

非現実的な空間。

リラックスヨガはもちろん、

動くヨガでも、集中します。

余計なことが、吐く息ごとに遠くに消えていく感覚。

背中・肩の力が抜けていく毎に、心の緊張も消えていくあの感覚。

ヨガですね。

 

2015.12.14

階段を改造

ヨガテリアは階段もかっこいいと言われたい。

さて、DIY熱に再び火がついたSATORUです。

これはもう、性分なので仕方ないですね。

 

ヨガテリア階段DIY

↑こちら元々の階段。

いや、すでにすこし解体気味ですが、本来の状態を撮影してなくて。

キレイはキレイですよ。最初っから。笑

 

しかしながら、ヨガテリアではスタジオの中央に存在する階段。

 

レッスン中僕はしょっちゅう目についてました。

(というか僕の立ち位置からよく見えるのですよ)

 

ここも、非現実的な空間にしたい!

 

そう思ったら止まらない僕です。

時間も労力も、全情熱を注ぎます!

 

ヨガテリア階段DIY

↑端っこのこの巾木。(壁の根元の板)

撤去でしょう!

ヨガテリア階段DIY

↑こんな感じでしょう!!

 

ヨガテリア階段DIY

↑そして、漆喰の下塗を塗っていくでしょう!

ここまで、画像にしたら一瞬ですが相当時間かかっています。( ;∀;)

 

まだ暑い時期でしたので、半そで短パン。

 

なにが大変てレッスンが夜あるので片づけないといけないのでいつもヒヤヒヤ(笑)

ヨガテリア階段DIYまだまだ完成じゃないからね!

ここ見てダッセーとかなしにしてください。^^

 

ヨガテリア階段DIY

↑上もね!!

 

ヨガテリア階段DIY

↑下塗が終わった時点で、床材を張ります。

階段床材ね。

 

桐です。キリ。まあ一般家庭には向かない材質ですが、

暖かくて柔らかい、ヨガにとっては最高の材質です。

階段でヨガしませんがね。

 

ヨガテリア階段DIY

↑少しづつ、少しづつ。

 

ヨガテリア階段DIY

↑一枚一枚、スライド丸ノコや手ノコで大きさ合わせてます。

 

ヨガテリア階段DIY

↑端っこはどおしても大きさが合わないので。

 

ヨガテリア階段DIY

↑そう。。。。鉋(かんな)を使います。

 

ブログ更新さぼっててタイムリーではないですが、ここらで今回は終わります。

次回も報告させてもらいますね!!(^^)/

 

ヨガスタジオを作るのって面白いですよ!

だって好きな空間でヨガしたいでしょ!??(^^)/

 

さて、いよいよスタジオ階段がカッコよく仕上がりました。

もう、時間かかりまくりです笑手間も労力も!笑

 

ヨガテリア階段DIY

↑いやあまあそれはやりたかったからやってるのですが、これも非常に大変でした。

 

ヨガテリア階段DIY

↑前後しますが、階段のこの面も白い方がいいかと途中で思ったために、余計に時間を食いました。

迷った道が、私の道です。

まるでヨガと同じ。。。。

 

 

ヨガテリア階段DIY

↑漆喰を壁と階段に塗った後、マスキングのテープ、ビニールを剥がします。

この瞬間はドキドキワクワクです!

 

 

ヨガテリア階段DIY

↑不思議な感じ。まだ生乾き。

 

 

ヨガテリア階段DIY

↑塗るのも結構大変で、そして楽しいのです。

真っ黒な服が真っ白。

作業、草履かよってね。

 

ヨガテリア階段DIY

↑昇りたくなる感じ

 

ヨガテリア階段DIY

↑なんとか仕上がりました!作りながら考えるから大変。

迷った道が私の道です。

 

ヨガする空間を大切にするヨガテリア。

素敵な空間でヨガをしたい人に。

 

ヨガテリア階段DIY

 

 

2016.9.29

スタジオ正面に看板設置

ヨガテリアはオープン以来ずっと看板なしでやってきました。

隠れ家的ヨガスタジオが良いかなぁとも思っていたのですが、

ヨガテリアを探して来てくれた方が、真ん前まで来ていても分からずにお電話くださることが1度や2度ではなく、本当に頻繁でした。

ということで、自作ですが看板を作りました。

 

ヨガテリア看板,ヨガスタジオ看板画像

↑設置ももちろん自分です^^

高所作業となったので、もう今度はやりたくありません。

落ちたら怪我してヨガできないですもん。あーこわ。^^

 

ヨガテリア看板,ヨガスタジオ看板画像

夜のライトアップのためにもLEDを取り付けました。

ちゃんと後日、一眼レフカメラで綺麗に撮ってHPにアップしたいなあ。

フォトジェニックに撮って。

ヨガテリアって本当に外観を滅多にアップしてないので、これはある意味貴重ですかね。

 

ヨガテリア看板,ヨガスタジオ看板画像

↑夜は思いっきりライトアップされるので、かなり遠くからも見えます。

電話番号も、HPアドレスも掲載してませんが、ここがヨガスタジオだよっと分かれば良いのです^^

次回はデザインもプロに任せようかなあ。

 

>このページのTOPに戻る

>HOMEに戻る

-ヨガスタジオ製作奮闘記

Copyright© 豊橋のヨガスタジオ-ヨガテリア , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.