コーヒーが冷めないうちに

SATORU-プライベート 心理学

コーヒーが冷めないうちに。感想。これは心理学の映画だと思います。

投稿日:

映画:コーヒーが冷めないうちに。

愛知県豊橋市のヨガインストラクター&心理カウンセラー SATORUです。とある映画を見ました。

「コーヒーが冷めないうちに」をご存知ですか?

これは、心理学好きにはたまらない映画です。

ネタバレ少なくして紹介しますね。

 

映画の設定&あらすじ

ある喫茶店の席に座ると、過去に戻る事ができるんです。戻れる時間は、喫茶店で出されたコーヒーが冷める前までの短い時間です。

過去に戻ることはできますが、何をしても絶対に未来は変わらない。つまり、現実は何も変わらないんです。

 

その喫茶店の店主の娘が主人公の有村架純さんです。店員としてコーヒーを注いでくれます。

映画では、「過去の後悔している日々」に戻りたいという人達が、数名現れます。

 

最初の登場人物だけお話しします。(映画的にはこの登場人物はジャブみたいなものなので、本当に重要なシーンのネタバレではないので是非、映画を観てくださいね。)

 

あるキャリアウーマンが現れます。

その女性は数日前に彼にその喫茶店で振られました。彼は彼女を置いて、ニューヨークに行ってしまったんです。

ニューヨーク

当然、彼女はショックで凹んだ日々を過ごしています。そこでこの喫茶店のとある席に座ると、コーヒーの冷めるまでの時間は過去に戻れることを知ります。

 

もちろん振られた過去に戻って彼に何かを言ったところで、現実は何も変わらないんです。それでも彼女は過去に戻ることを決めます。そして、ちゃんと聞くことにしたんです。

 

「なぜ私を置いてニューヨークに行くのか?」

 

と言うことを。彼女はプライドが高くて、聞けなかったんです。そして、自分が彼をすごく好きなことも言ってなかったんです。

(僕もはっきり覚えてないので微妙にストーリーが違ってたらすみません。)

 

さて、彼女は有村架純さんにコーヒーを注いでもらって、タイムスリップします。

彼女は数日前の喫茶店に戻ります。そして、当時の彼と再びお話しするのですが、やはり振られます。彼はやはりニューヨークに行くと言います。

そこで彼女ははっきりと聞きます。

 

彼女:「なぜ私を置いてニューヨークに行くの?」

驚いたことに彼の次のセリフはこんな内容でした。

 

彼:「お前が俺を好きじゃないから。俺はもうニューヨークに行く。」

 

彼女は言いました。

彼女:「私はすごく好なの。」

 

彼はすごく驚いてました。彼はずっと彼女が好きだったけど、彼女が相手をしてくれないことから、自分のことなんか好きじゃないんだと思って、仕事に打ち込もうと思ってニューヨークに行くと決めてたのでした。

 

しかし、やはり現実は何も変わりません。彼は一度決めたニューヨークに行くということを変えません。彼はニューヨークに行くんです。

そこでコーヒーが冷めかけます。急いで女性はコーヒーを飲みの欲して「現在」に帰ります。

(そうしないと「現在」に戻れないという設定なんです。)

 

現在にもどった彼女の取った行動とは?

さて「現在」に戻った彼女。もちろん彼はもう日本にいません。ニューヨークに行ってしまっています。

「現在」は何も変わっていません。変わったといえば、彼女の「記憶の認識」だけです。

 

彼女は仕事を辞めて、ニューヨークに行きます。そして彼と結婚して暮らします。仕事もニューヨークで見つけるんです。

過去は何も変わっていません。しかし「記憶の認識」が変わったことで、彼女の「現在の行動」が変わったのです。

 

この映画の見どころ。

映画の見どころ

現実は何も変わらないのに、過去に戻って、何かを人に伝えたり、後悔していた行動を変えたりして、何のためになるのか?それは映画の中の登場人物も言ってます。

それでも過去に戻って何か行動するんです。どんなに何かをしたり、言ったりしても、結局は現在に戻ってきたら、何も変わってないんです。それでも、過去に戻って後悔のないように行動したら、現在が以前とは違って見えるので、幸せに暮らせるんです。

大事なのはこれです。大事過ぎるのでもう一度言いますよ。

重要なポイント

現在が以前とは違って見えるので、幸せに暮らせるんです。

 

確認は取ってませんが、この映画は心理学の映画ですね。

起こった過去は変えられない。でも、今の心の持ちようで、「今」が違って見えます。もちろんその後の「行動」が変わるんです。

文字にしてしまえば、キレイゴトのように聞こえますが、これが現実に起こります。映画ではタイムスリップをしてしまいますが、それと同じような体験はヨガと心理学で可能です。

僕はヨガ×心理学 ヨガリボーン®︎のワークショップを全国各地で開催していますが、その中で、まさしくこの「コーヒーが冷めないうちに」と同じような事を体験できます。

・幼い頃の自分に会う。

・若き日の母(父)に会う。

・未来の自分に会う。

↑主にこの出来事を体験します。

多くの人が涙を流します。もちろん泣かせるために行っているわけではないのですが、涙を流すということは、本当に感情が動いた証拠であると思います。

それくらい受講者さんは「タイムスリップして自分を苦しめている過去に戻って、それを緩める。」ということに臨場感を持っているということです。

 

最後に

さて、今日はプライベート投稿のつもりでしたが、心理学のお話しになってますね。

仕事とプライベートの境界線がない男なものでつい・・・。

 

でも本当に面白いですよこの映画。DVDレンタルでも出ているので、見てくださいね。そして同じような体験がしたかったらヨガリボーン®︎ワークショップにご参加ください。

 

ヨガリボーン®︎受講者

mariko様

▼MARIKO様 クリックして下に表示。

一番辛い時の自分と向き合うのは辛かった・・・・(幼少時代) そこは今までふたをしていたから。涙が出始めて止まらない・・・。

胎児に戻った時、不思議と安心さに包まれた。涙も止まり心地よかった。

生まれ変わって昔の自分に入った時、また涙があふれてきて、正直、

「もうやめてー!」と思いました。笑

SATORU先生が「かけてあげたい言葉を・・・」といったことで、幼少時代の自分をすくってあげました。

それが問題解決にはならないかも知れないケド、昔の自分はすくわれました。

戦士のポーズをした時はキラキラと勇気と希望に満ち溢れるような強い自分がそこにいたような気がします。

潜在意識って幼少期の体験が影響すると聞きました。

頭の中では「昔のアレが影響してるんだよねぇ」って自分が思っていても、それをどうすることもできませんでした。

(10年後の扉を開く時)

扉は最初開けられませんでした。ドアの前でつっ立っている自分。

それは昔(幼少時代)に見た夢とほぼ似ていました。なんとかドアを開けました。

「扉を開けたらパートナーがいて、昔一緒に見た流れ星の所に連れて行ってくれたんですが、そのパートナーに話そうかと思っています。(幼少時代のこと)

心に傷を持った方にヨガリボーンをおすすめしたいしepisode.2も受けたいです。(^^)

今日参加できて良かったです。

ありがとうございます。

字がめっちゃきたなくて本当にごめんなさい。泣きまくったので、最後すぐにメモに移れて良かったです。

⇒この方が参加したワークショップin三重

⇒ワークショップ・スケジュール 

 

tomoko様

▼TOMOKO様 クリックで下に表示

Episode.2「自己受容」

ヨガリボーン®︎、前回Episode.1を受けさせていただいて、今回のテーマが、「幼き日の母に会う」ということで、とても楽しみにしていました。

ヨガで身体を動かしている間も、呼吸に意識を向けることで、いつもより気持ちがよく動けたし、自分自身にも集中できたと思います。

幼き日の母に会うのは怖いというより、何か自分の中で答えを見つけ出したいと強く思っていたかもしれません。

過去に戻ると、すごくよく思い出したのが、幼少の頃、身体の弱かった私でした。母に会って、そのころの私はいつも泣いていて、悲しい顔をしていて、そのころの私は母に迷惑かけてると思っていたので、ごめんなさいとずっと言っていて、

「今の自分」は、「その頃の自分」に『ごめんと思わなくても大丈夫』と伝えたら、もう一度、母に会えたときには、母の気持ちは、生まれたことがありがたいって気付けた気がします。

何か大きな答えではないですが、忘れてた根本の大事なコトを気付けた気がしました。

本当にいつも素晴らしいです。ありがとうございました。

⇒この方が参加したワークショップ

⇒ワークショップスケジュール

TAMIKO様

▼TAMIKO様 クリックで下に表示。

階段を一歩一歩上がって行ったら扉の向こうに笑っている白い服を着て沢山咲いてるパンジーの花を持っている自分がいました。

「心配しなくても良いよ。どうにでもなるから」

って言ってくれました。

ホワホワって幸せに生きている今の自分を見ることが出来ましたが、やはり色々心配なことがあるのも気付きました。

今の自分の横に主人が居るのにも驚きました。

トラウマ??になっている高校生の自分。

思うところに進学できなかった自分に会えて、

「大丈夫」って言って来ました。

不思議な体験でした。

>>この方が参加したワークショップ

>>ワークショップ・スケジュール 

 

kumiko様

▼KUMIKO様 クリックして下に表示。

小さかった自分がすごく嫌な子だった。

胎内に戻って心音を再び聴くことが出来て私は再び自分を取り戻すことが出来た。

そんな子供の時の記憶に縛られて嫌な18歳くらいの私は人に合わせて、人に嫌な思いをさせたくないと、自分を偽って生きてきたのですね。

この年齢で毎日が悲しい事、と、マイナスな事ばかり考える傾向になり、自分自身に腹を立てることが

多いわけがはっきり見えて、でも10年後の自分に肯定してもらう事が出来た事??感じました。

こんなに深く思いが自分の中で育ったことに驚きました。

今までは未来がキラキラしているなんて想像したことも無かったし、想像すら出来なかった。

大切な貴重な体験。これがヨガリボーンでしょうか!ただ1回の体験なのに。感謝

涙がいっぱいでした。

最後のSATORU先生の言葉が心に響きました。

過去に縛られた自分を解放。

この方が参加したワークショップin三重

ワークショップ・スケジュール 

 

その他の受講者の声はこちら。(【公式】ヨガリボーン®︎ )

 

はじめてのヨガ体験レッスンバナー

豊橋ヨガテリアでヨガを始めよう!

 

共感したあなたに

この記事に共感していただいた方がいれば、すごく嬉しいです。毎月数回、ヨガにまつわることをメールで発信しています。

 

もしあなたが忙しくて、ヨガのことが気持ちから離れてモチベーションがダウンしそうな時も、あなたの手元に何らか背中を押すメッセージが届きます。

 

無料メールマガジン

>SATORU無料メールマガジン登録

(解除はいつでもカンタンに出来ます。)

 

HOMEに戻る

 

  • この記事を書いた人

SATORU

愛知県豊橋市のヨガスタジオ-YOGATERIOR 代表

-SATORU-プライベート, 心理学

Copyright© 豊橋のヨガスタジオ-ヨガテリア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.