ヨガとの出会い

SATORUブログ

ヨガとの出会い・始めた理由や、スタジオオープンまでの道のり。

投稿日:2019年8月11日 更新日:

ヨガに出会った日。

愛知県豊橋市のヨガスタジオ-ヨガテリア代表SATORUです。

今日は僕がヨガに出会った日のことを全部お話しします。これからヨガを始めようか、ドキドキしている人や、すでに始めている方の、何らかの参考になれば良いかなと思います。

 

こんな方におすすめ

  • ヨガを始めようかドキドキしてる
  • 何か行動をしようかと躊躇している

ちなみに「先生は何でヨガを始めたんですか?」というのは僕に限らず、ヨガの先生は必ず聞かれるくらい、あるあるの質問です。それくらい、生徒さんからは関心があるのかな?

 

 

ある暑い日。

暑い日

ある年のお盆の暑い日。これだけは覚えている。本当に暑い日が続き、日本中でその暑さに驚いていた。

 

精神的にも肉体的にも、かなりボロボロで、実際に身体は健康状態がよくなかった。動機・息切れも起こしていたし、尿漏れも、大漏れ?(っていうのかな)も経験したかどうかは、微妙なくらい。要は、自律神経が乱れてのことでしたが、当時は何も知りませんでした。

 

「メンタルが弱い」

「情けない」

「病んでる」

 

そんな悪口を自分が自分に言っていた。休日には、知人と飲み歩くのも大好きだったし、服を買って、着飾るのも大好きな方でしたが、それも興味がなくなっていた。

 

自他共に「もう歳とったからじゃない?元気もパワーもなくなってきた」と思っていた。何をするにも身体は疲れるし、本屋さんですら行くのが疲れる。立ってられなかったから。

 

そんな頃に知人に連れられて、嫌々ながらにヨガに向かうことになる。そこで経験したのが、とにかくゆるい癒しのヨガでした。(後にお世話になるグラヴィティヨガ協会のヨガでした。)

 

ヨガとは意識高い系のOLさんが、柔らかくなって綺麗なポーズをとって、お肌をツルツルにしてナチュラル美人を目指すもの。

 

と思っていたので、何の興味もなかったのだが、その時、人生で感じたこともないような体験する。

 

おしゃれな受付

 

スタジオは、大阪の都心のオフィス街にある立派なビルのテナントで、内装も綺麗系でした。ほらやっぱり、オシャレなOLさんとかきてるんだわ。場違いなところに連れられたもんだなぁ、と思っていた。

 

参加者は6人ほどしかいなかったが、スタジオも広くはないので、ちょうどよかった。ビルのテナントなので、窓も小さく、ブラインドも閉じているので、夏の日差しの強い昼間でも、薄暗い空間であった。エアコンも程よく効いて、心地よかった。

音楽も静かなヒーリングサウンド。自分では絶対にチョイスしないような音楽だったが、悪くなかった。

暗いスタジオイメージ

 

太陽がサンサンと降り注ぐ良い天気の日に、太陽の光を浴びるのはすごくしんどいという気持ちを、わかってくれる人はいるだろうか?当時の僕は、良い天気の日の方が気持ちが疲れてしまう状態だった。

精神的に疲れてる時は、それが起こるので、無理に太陽の下や、活気のある場所に出ず、暗い狭い部屋が心地よければ、そこでじっとしておいた方が、良い。そのことは後に学んだのだが、当時は知る由もなかった。

 

ヨガが始まった。ほぼ寝たまんまのヨガだったが、最後には電気と音楽を消してシャバーサナ(仰向けで瞑想10分)となった。

 

シャバーサナでは、びっくりするようなことが起こった。

 

寝てるのか、起きてるのか分からなくなって、想像していることなのか、実際起こっていることなのか、夢見てるのか。それが、ゴッチャになっていた。(それは意識が変性意識状態となっていたのだが、それも当時は知るはずもなかった。「変性意識状態」は後日、解説します。)

でもしっかりと意識はあった。クリアにものを考えられた。明らかにいつもとは違う。こればっかりはその後も簡単には入っていけないゾーンにまで入っていたので、言葉で説明できない。超リラックスと言えばいいのか。

 

「全てを許してあげよう。」

 

そう思えた。何を?何を許すの?怒ってたの?へ?それは実は自分でもわからないのだが、全てを許せばいいじゃないか。と思ったのだけは覚えている。

 

レッスンが終わって、当時の先生に「SATORUさん、豊橋に帰ってもヨガを続けてくださいね」と言われたのですが、照れ臭くて、「いや、やらないと思います」なんて言っていた。

受付で座る男(SATORU)

 

その次の日は、豊橋市に帰ってきて、別のヨガスタジオに行った。家でもヨガの真似事を始める日々がスタートした。

 

そこから2ヶ月が過ぎた。もうさすがに夏の日差しも弱くなり、秋の匂いがようやくしていたのも覚えている。

 

 

ヨガをする生活をしようと思った。

疲れ切った身体。疲れ切った心。もうボロボロだった。特に心の疲れは2-3日休めば回復するようなものではなかった。

 

食べ物もろくに食べなかった。それでも、外に出て知人に会うと、無理矢理にでもテンションを上げられる自分がいた。だから極力、出掛けなかった。1日中、カーテンを締め切った部屋にこもるのが心地よかった。何時間でもそうしていられた。

 

暗い寝室

 

どこにも出歩く気がしなかったのだが、ヨガだけは、行く気がした。その頃、今後もヨガをしていこうと思った。どこかで誰かに伝えていけたらいいなと。

 

レッスンを開いて、もし誰も来なかったら、自分の為だけでもヨガをやっていこうと思った。ストイックに身体が柔らかい人が来るスタジオではなく、自分が知った心地よいヨガをすることを決めていた。

 

 

YOGA STUDIO「YOGATERIOR」誕生

不安しかなかった。

 

ヨガをするときの、空間は大事だなぁ。と当時から思ってたので、YOGA + INTERIOR = YOGA TERIOR (ヨガテリア)とした。景気付けに、雑貨屋さんで、小さなアルファベットで

 

Y・O・G・A・T・E・R・I・O・R

 

と買い揃えた。4000円くらいになったと思うが、それを床に並べて見てニヤニヤしていた。笑

 

やるとは決めたものの、実際大きな声で言うのも恥ずかしかった。何せヨガ歴2ヶ月の、身体も超硬い40才前の男子(おっさんとも言える)である。

 

サービス業もしっかりやったこともないし、今までの仕事も全く関係がない仕事なので「不安」ばかりであった。不安すぎて、身近な人にも自分がヨガをやっていることも言えなかったし、ヨガスタジオをやって行こうと思っていることも言えなかった。自分に「自信」がなかったのだ。

 

やるなんて言わなければ、傷つかないと思って、行動できなかったのだ。

 

 

スタジオはほとんどの人に反対された。

それ多分無理だよ

当時は、男のヨガインストラクターは滅多にいなかった。(今も多くはないが)

 

そして、この住宅街にヨガスタジオを作っても、生徒さんは集まらないよと言われた。もちろん僕のことを思って、そうやって優しく引き止めてくれたんだと思う。

 

だけど、僕にはヨガ以外に何かをするなんて考えられなかった。

そのまま、自信なんてないまま、ヨガスタジオをスタートした。ただ、今から思うと好条件が揃っていた。

 

その好条件てなんだと思いますか?物件?幸運?違います。

1.逃げ道がない

2.全てが一旦白紙になれた

 

これは、当時の僕は苦しくて、全てを失ったように思っていたが、角度を変えると、素晴らしい「環境」を手に入れていたのだ。

 

もう行くしかなかった。

 

スタジオを自ら改装することにした。

なんとしてでも、自分ならこんなところでヨガをしたいと言う「環境」を作りたかった。自分で壁を剥がし始めるのは、相当に勇気がいた。

 

これは本当の壁でもあるが、それを壊すのは、心理的にも「心の壁」を壊す作業になっていたのではないかと思う。

 

↑もう、綺麗な壁紙も剥がしてしまった。もう元には戻れない。

 

↑床も剥がしていました。ドキドキが止まらなかった。

 

以前、「ヨガスタジオ製作奮闘記」としてスタジオを作る作業をブログにしていましたが、不幸にも全て消え去りました。

また、時間と情熱があれば、ここに思い出してアップします。

 

ヨガスタジオ塗り壁,漆喰

↑壁も塗ったんですね。

 

ヨガに出会って変わっとこと。

さて、僕が何を言いたかったかと言いますと、「ヨガに出会って、自分らしく生きる」道を選べるようになった。と言うことです。

 

ヨガに出会ってみんなが職業を変えるわけじゃないし、価値観を全部変えるわけでもない。どんな生き方がいいとか、悪いなんてあるはずがない。

 

自分が選んだ人生が一番良かったと思えることができれば、一番ハッピーなことではないだろうか。それがヨガテリアのコンセプトでもあります。

 

どんなにヨガの知識も技術もあっても、自分が生きやい人生を送っていなかったら、ヨガをやっている意味がないと僕は思っています。自分はそうありたいし、ヨガテリアでヨガをする生徒さんもそうであってほしい。

 

はじめてのヨガ体験レッスンバナー

豊橋ヨガテリアでヨガを始めよう!

共感したあなたに

この記事に共感していただいた方がいれば、すごく嬉しいです。毎月数回、ヨガにまつわることをメールで発信しています。

 

もしあなたが忙しくて、ヨガのことが気持ちから離れてモチベーションがダウンしそうな時も、あなたの手元に何らか背中を押すメッセージが届きます。

 

>SATORU無料メールマガジン登録

(解除はいつでもカンタンに出来ます。)

 

HOMEに戻る

  • この記事を書いた人

SATORU

愛知県豊橋市のヨガスタジオ-YOGATERIOR 代表

-SATORUブログ

Copyright© 豊橋のヨガスタジオ-ヨガテリア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.